任天堂 wii 最新情報

米でも任天堂Wiiが好調な滑り出し PS3を上回る評価

【ワシントン=マイク・スナイダー】11月中旬に相次いで発売された新型ゲーム機任天堂の「Wiiウィー)」(250ドル=約2万8750円)とソニーの「プレイステーション3PS3)」(500−600ドル)の対決は、任天堂Wiiが出だしを制した格好だ。

アメリカン・テクノロジー・リサーチ社によると、PS3の出荷はこれまでのところ、当初目標の40万台を下回る12万5000−17万5000台。

任天堂wiiは発売からの8日間で60万台を販売したと発表している。

ア社のアナリスト、P・J・マクニーリー氏は「格付けをすれば、(1年前に発売されたマイクロソフトの)Xbox360が1番で、任天堂Wiiはわずかな差で2番。

PS3はこの2つに大きく水をあけられた」と話す。
 
ニューメディア・ストラテジーズ社が、オンライン上のチャットなどを分析した結果、49%がWiiに好意的で、PS3への支持は27%だった。
 
ブライアン・クルートさん(26)=ワシントン州=は任天堂Wiiコントローラーがおもしろいとして「A」と格付け。

デービッド・ニーベスさん(26)=ペンシルベニア州=も任天堂Wiiのゲームに大満足と「A−」と評価した。
 
一方、レイ・マクリーンさん(34)=ニューヨーク州=はPS3自体は「A」だが、付属のゲームは「B」。

ブレット・コンロンさん(26)=バージニア州=は「システムのアップデートが面倒だった」として、PS3に「B−」をつけた。

エンターテインメント・ウイークリー誌のウェブサイトは任天堂Wiiを「B+」、PC3を「B」と評価し、任天堂Wiiに軍配をあげている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。