任天堂DSとは?

任天堂DS 普及の狙い

近年、テレビゲーム業界では、特に映像表現に関わるハードウェア技術の発達に伴って映画的表現の傾向が強まり、内容が重厚長大になったり、操作が複雑化したりすることで、ゲームが一部のマニアだけのものになっている傾向がある。任天堂によれば、ニンテンドーDSはこの傾向に歯止めをかけ、タッチスクリーン、音声認識などのシンプルかつ斬新な操作方法で、ゲーム初心者と上級者が同じスタートラインに立てるゲーム機にしていきたいという意図がある。
これまでゲーム機のターゲットでなかった層への幅広い普及を図るため、任天堂は「Touch! Generations」という一連のシリーズを発売した。そのラインナップには、キャラクターが出す音や映像を楽しむ「エレクトロプランクトン」、画面上の子犬とコミュニケーションする「nintendogs」、国語辞典・英和辞典・和英辞典を内蔵した「DS楽引辞典」、脳の活性化を促進できるとする「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「やわらかあたま塾」など、従来のいわゆる「ゲーム」の枠にとどまらない、老若男女が楽しめるソフトのシリーズである。
2005年12月26日、任天堂は都内の会場で「ニンテンドーDS Touch! Generations新作ソフト記者発表会」を行い、その中でニンテンドーDS販売台数500万台を突破したと発表した。さらに「nintendogs」「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「やわらかあたま塾」「おいでよ どうぶつの森」「マリオカートDS」の5本がともに100万本を越える販売本数に達したとも発表した。
更に発売初期の宇多田ヒカルをはじめ、加藤ローサ、ユースケ・サンタマリア、ナインティナイン、松嶋菜々子などの有名人や一般人が出演しDSで遊ぶ様子を撮った広告・CMをはじめ、女性ファッション誌や中高年向け雑誌・新聞などに広告を載せたり、渋谷などでの街頭プロモーションなど、これまでのゲーム機とは違った、間口の広さを強調した広告展開をしている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。