任天堂とは?

任天堂 テレビゲーム市場における苦境

テレビゲーム市場における苦境
家庭用ゲーム機の世界トップシェアの座は、1994年に新規参入したソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)のプレイステーションに譲ることになる。ソニーと契約していたスーパーファミコン用CD-ROM機開発を、契約書にソニーが有利になるような条項が含まれていたことから、任天堂が契約を破棄し、フィリップス社と提携したことがSCEの設立、独自路線への引き金を引いた。しかし、フィリップス社と契約したと言われるスーパーファミコン版CD-ROM機は日の目を見ないままに終わった。SCEは、新規参入を促進するための規制の緩和、子供のおもちゃというゲーム機の印象からの脱却策などによって、有力な大手ゲームメーカーを獲得。当時の次世代機競争でサードパーティーは任天堂を離れ、プレイステーションへ参加した。

他の要因として、低品質なゲームの氾濫を防ぐための任天堂の厳しいライセンス制度や、他社がメディアをCD-ROM形式に移行する中、ROMカートリッジにこだわった結果、必然的にソフトの価格が割高になる欠点があった。これら複数の要因からスーパーファミコン時代のサードパーティーが離れてしまい、古参メーカーなどの限られたパートナーとともに市場を支えることを余儀なくされ、NINTENDO64はプレイステーションに完全に販売数で敗北する結果となってしまった。松下電器産業との共同開発で誕生した次世代機ニンテンドーゲームキューブで独自仕様の光ディスクを採用するなど改善したものの、慢性的なソフト不足はNINTENDO64から大きく変わらず、現在に至る。

ソフトウェア制作基準については“全年齢向け”という基本姿勢を変えていない。これは、任天堂のコンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)基準における全年齢対象ではないソフトが、ごくわずかであることからも窺える。(参考リンク)

任天堂は、ゲーム機に必要なプロセッサをIBMやATI Technologiesに外注しているため、チップ原価が変動しにくく本体価格の引き下げ、価格性能比、設計自由度において不利と言われている。自社で大規模半導体製造施設(Fab)を持ち、自社開発可能の上、生産量からチップ原価が操作できると主張していたSCEとは対称的である。(SCEも現在は製造設備をグループ外企業に譲渡しており、自社では保有していない) 従来はゲーム機のハードウェアスペックもアプローチしてきた任天堂(64bitプロセッサを搭載したNINTENDO64)であったが、次世代機Wiiではこの方針を転換し、SCEIやマイクロソフトとのスペック競争から身を引いた。高性能化だけではゲームの進歩がないという主張をする立場に立つ。

さらに岩田聡社長は、「ゲームの高性能化、複雑化『だけ』では今までの「ゲーム熟練者」に飽きられ、さらに「ゲーム初心者」にとってもとっつきにくいものになってしまい、市場の縮小を招く恐れがある。これからは「初心者」にはとっつきやすく、「熟練者」には新鮮で驚きに満ちた新しいゲーム機が必要である」と主張し、その答えを「Wii」のコントローラに見出した。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。