任天堂DSとは?

任天堂DS 概要

"DS"とは"Double Screen"の略であり(任天堂幹部の発言によると、Dual Screen、Developer Systemの意味もあるとされている)、折りたたみ式の本体の両側に2つの液晶画面を持っているという意味である。 外見はかつての同社のゲーム機『ゲーム&ウォッチ マルチスクリーン』を彷彿とさせるものとなっている。 下側の液晶画面はタッチスクリーンになっているほか、ゲームボーイアドバンス(GBA)と同様の十字/A/B/L/R/SELECT/STARTボタンの他にマイクやXYボタンが追加されるなど、インターフェイス面で数多くの特徴を持つ。 また、DS用ソフトとGBA用ソフトを連動させる事によって効果のあるタイトルも存在する。 例えば、GBA用ソフトが挿入されていることを認識して、DS用ソフト内のROMに記憶された特定のデータが使用できたり、外部カートリッジとしてデータの追加を行うことができる。さらに、GBAスロットに振動機能のあるソフトを挿すことで、ニンテンドーDSの特定のソフトにも振動機能を与えられることが確認されている(2006年1月19日に発売された『メトロイドプライム・ピンボール』では振動機能専用のDS振動カートリッジが同梱されている。このカートリッジは任天堂公式ホームページにある任天堂オンライン販売での単品購入も可能)。


ニンテンドーDSとゲームボーイアドバンスのスロット比較。DSの方には突起がある
ニンテンドーDSを閉じた状態(ヘッドホン2つ装着)サブCPUにゲームボーイアドバンスのCPUにも使われているARM7TDMIを搭載することで、ゲームボーイアドバンス向けソフトとの互換性を実現しているものの、ニンテンドーDSはそれまでの歴代ゲームボーイシリーズにあったZ80系のプロセッサを持たず、ゲームボーイカラーまでのソフトには対応していない。 そのため、GBA用カートリッジスロットの内部に突起を持ち、ゲームボーイカラー以前のカートリッジがスロットに入らないようになっている。

また、ゲームボーイアドバンスにあった通信コネクタも持っておらず、ゲームボーイアドバンス用ソフトをプレイする際は通信機能を使うことができない。 また、ゲームボーイアドバンス用周辺機器も基本的には使用できず、ゲームボーイアドバンスSP用のACアダプタとヘッドホン変換プラグ(Liteではプラグの形状が異なるためこの2つも使用不可能となっている)、そしてプレイやん(元祖・Lite問わず)のみが使用可能。DS本体には通常のヘッドホン端子があり、元祖ではACアダプタ用の端子にGBA-SP用変換プラグを経由して接続したヘッドホンと併用することも可能であり、説明書でも本体にヘッドホンのプラグが上手くささらない場合はGBA-SP用変換プラグを使用するように記載されている。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。