任天堂Wiiとは?

任天堂次世代ゲーム機“Wii”スペック

プロセッサ
CPU:Broadway
アーキテクチャ:PowerPCベース
プロセス技術:90nm SOI CMOSプロセス
共同設計:IBM
システムLSI:Hollywood
GPU機能実装
プロセス技術:90nm DRAM混載CMOSプロセス
共同設計:ATIテクノロジーズ
製造:NECエレクトロニクス
画面表示機能
標準出力解像度:480i、480p
ワイド画面:対応
メインメモリ
アーキテクチャ:1T-SRAM
MoSys社製。1T-SRAMとは、擬似SRAMの一種。1T-SRAMはゲームキューブにも搭載されている。
内蔵フラッシュメモリ
容量:512MB
ゲームのセーブデータやバーチャルコンソール用ソフトを保存するための記憶領域。
SDメモリーカードで容量を拡張できる。
内蔵フラッシュメモリのアプリケーション (ダウンロードゲームやブラウザなど) を高速起動できる。
ディスクドライブ
対応メディア
Wii用12cm光ディスク (1層/2層ディスク)
ゲームキューブ用8cm光ディスク
DVD-Video:別売アタッチメントを接続することでDVD-Videoの再生が可能
スロットイン (セルフローディング) 方式
コントローラ
Wiiリモコン (標準コントローラ・本体同梱予定)
無線通信機能:Bluetooth (Broadcom社製)
最大接続数:4台
プレイ可能距離:ディスプレイから5m
操作部
ポインター:画面を指し示すポインティング機能 (ダイレクトポインティングデバイス)
後述「センサーバー」も参照
モーションセンサー機能:コントローラの傾きや動きの変化を3軸で検出
表面ボタン:「Wii本体電源」、「十字キー」、「A」、「−」、「Home」、「+」、「1」、「2」ボタン
裏面ボタン:「B」ボタン
その他の機能:振動機能、スピーカー、拡張ユニット接続端子、プレイヤーインジケータ (コントローラ番号ランプ)
電源:単三乾電池2本
ヌンチャク (拡張コントローラ・本体同梱予定)
接続:Wiiリモコンの拡張ユニット接続端子に有線接続
操作部
Wiiリモコンと同等のモーションセンサー機能
「コントロールスティック」、「C」、「Z」ボタン
クラシックコントローラ (拡張コントローラ・別売予定)
接続:Wiiリモコンの拡張ユニット接続端子に有線接続
操作部:「Lスティック」、「Rスティック」、「十字キー」、「a」、「b」、「X」、「Y」、「ZL」、「ZR」ボタン、「L」、「R」アナログトリガー、「- (Select)」、「Home」、「+ (Start)」ボタン
センサーバー
Wiiリモコンのポインター機能で利用される赤外線信号を受信するための棒状の周辺機器。
Wii本体と有線接続し、ディスプレイの上または下にディスプレイ面と平行に置く。
互換性のあるソフトのプラットホーム
ニンテンドーゲームキューブ
ゲームキューブの全てのソフト、並びにコントローラコネクタとメモリーカードスロットに接続する周辺機器がそのまま利用可能
バーチャルコンソールでプレイできるプラットホーム (一部のソフトに限る)
ファミリーコンピュータ
スーパーファミコン
NINTENDO64
メガドライブ (セガ)
PCエンジン (NEC/ハドソン)
通信機能
無線LAN (Broadcom社製)
対応規格
IEEE802.11b/g準拠
任天堂独自プロトコル:ニンテンドーDSとの通信に利用される
有線LAN:別売のUSB-Ether変換コネクタにより接続可能
対応サービス
ニンテンドーWi-Fiコネクション
WiiConnect24
その他
Operaブラウザ:別売
インターフェース
USB2.0×2
SDメモリーカードスロット×1
ゲームキューブ用コントローラポート×4
ゲームキューブ用メモリーカードスロット×2
AVマルチ出力端子×1
新たなケーブルを採用。スーパーファミコンから任天堂の据え置きゲーム機に共通だった、AVケーブルを使用することができない。
センサーバー接続端子×1
その他の機能
プレイ・コントロール・システム
ユーザーの年齢に応じて特定のソフトのプレイを制限する
ファン:あり
消費電力
ゲームプレイ時:50W弱
スタンバイモード:5W程度
同梱予定品
Wiiリモコン
ヌンチャク
センサーバー
縦置き用スタンド
発売日
未定
2006年第4四半期、日米欧で発売予定(9月頃正式発表予定。PS3より先に発売?)
メーカー希望小売価格
日本:25,000円以下になる見込み
米国:250ドル以下になる見込み
(9月頃正式発表予定)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。