任天堂Wiiとは?

任天堂次世代ゲーム機“Wii”本体の形状

Wiiの筐体は、任天堂のこれまでの据え置き型ハードの中では一番小さく、DVDトールケースを3つ重ねた程度の大きさである。また、縦置きと横置きの両方に対応しており、縦置き用のスタンドは同梱される予定。

CPUとGPUはそれぞれIBM、ATIとの共同開発。メインメモリは1T-SRAMを採用する。詳しい性能等は現在不明。供給メディアは12cm光ディスクで、こちらも詳しい仕様は分かっていない。

さまざまなデータの保存領域として、512MBのフラッシュメモリが内蔵されている。ゲームのセーブデータはもちろん、ネットワークサービス「Wii Connect 24」で受信したデータ、バーチャルコンソール用ソフトの保存などに利用される。容量はSDメモリーカードで拡張することができる。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。